生活

ゴーヤ丸ごとレシピ!種やわたも食べれる!ウコン使用の簡単レシピのご紹介!

ゴーヤは夏になると良く見かける野菜ですね。

真夏になると、日差しを遮るために、ゴーヤカーテンをしている家も見かけますね。

ゴーヤは疲労回復に適していて、夏には人気のある食材で色々な食べ方があります。

その中でも、ゴーヤの種とワタの丸ごと食べれる、ゴーヤレシピをお届けします。

今回は、ゴーヤ丸ごとレシピ!種やわたも食べれる!ウコン使用の簡単レシピのご紹介!

ご紹介させていただきます。

ゴーヤの種やワタを丸ごと食べれるの?

ゴーヤは和え物、ゴーヤチャンプルーなどの炒め物など、料理の方法が色々ありますが、どのように食べていらっしゃいますか?

良く見かけるのが、ゴーヤや苦みがあるので、綿や種を捨てて、表面の果肉だけを食べているコトが多いですね。

しかし、捨てていた種やワタには栄養素がたっぷり含まれているんです。

ゴーヤの種子やワタに多く含まれてるのは、共役リノレン酸は優秀!

共役リノール酸はリパーゼを働かせ、体脂肪の燃焼(分解)を促進する効果が確認されているダイエット成分で、共役リノレン酸は体の中で共役リノール酸(CLA)に変わり脂肪分解・燃焼をサポートし、蓄積をブロックします。

引用元:https://www.kenkoutya.jp/

共役リノール酸は、ゴーヤの種以外で天然ではあまり多量に含んだ食品がありません。

また、ゴーヤやビタミンCの豊富で、夏バテや疲労回復にも良い食材だというコトがわかります。

  • リノレン酸が脂肪燃焼効果が期待される
  • ビタミンCもキャベツの約3倍
  • 苦味成分の「チャランチン」や「モモルデシン」は、血糖値の上昇を抑える

そんな、栄養たっぷりのゴーヤ!

料理する時には、是非丸ごと使用したいですね。

これからゴーヤの種とワタを丸ごと食べれる簡単レシピを、紹介させていただきます。

ゴーヤの種やワタを丸ごと食べれる超簡単レシピ

ゴーヤの種やワタを丸ごと食べれる、超簡単レシピをご紹介させていただきます

①ゴーヤ丸ごと食べる超簡単レシピ材料

ゴーヤに必要な材料をご紹介させていただきます。

材料はコチラです

  • ゴーヤ
  • 塩(普段使用している塩)
  • ウコン
  • 油(ゴマ油、オリーブ油、サラダ油など、普段使用で可能)

とてもシンプルな材料になります。

②ゴーヤ丸ごと食べる簡単レシピ手順

ゴーヤの簡単に丸ごと食べる料理の手順をご紹介させていただきます。

ゴーヤを輪切りにする

ゴーヤを洗い、5mm程度の輪切りにします。

その時は、種と綿を残して輪切りにします。

ゴーヤと調味料をまぜる

ゴーヤを輪切りにすると、塩を軽くふりかけ、その後にウコンをふりかけます。

塩とウコンの量は、塩は辛すぎない程度にかけ、ウコンは上記画像のように、全体にいきわたるように振りかけて混ぜてください。

ゴーヤを焼く

ゴーヤを焼いていきましょう。

フライパンに油をひいていきます。

使用する油は、材料①でご紹介したように、普段使用している油でも大丈夫です。

我が家では、風味のあるゴマ油も利用することもあります。

  • 火加減は中火から弱火でジワジワ、ひっくり返しながら焼く
  • 綿と種がしぼんできたら出来上がり

③ゴーヤの出来上がり

ゴーヤの種とワタを丸ごと食べれる料理が出来上がりました。

ジワジワ焼くことで、種も綿も食べれて栄養満点です。

まとめ

【ゴーヤ】種やわたを丸ごと食べれる!ウコン使用で超簡単レシピ!

ご紹介させていただきました。

ゴーヤ&ウコンの組み合わせは、珍しい組合わせになりますが、とっても美味しく暑い国のインドで、親しまれている料理になります。

大人の味ですが、とっても癖になる味ですので、良かったらチャレンジしてみてくださいね。