芸人

【画像30枚】志村けんの若い頃がイケメン!昔の写真から時系列に紹介

笑顔が素敵だった志村けんさん。

20時だよ全員集合でドリフターズでの活躍や、バカ殿でもお茶の間を楽しませて頂きました。

そんな、志村けんさんのデビュー前からの若い頃からの画像を、時系列にご紹介させていただきます。

志村けんの若い頃がイケメン

志村けんさんは、2020年3月に70歳でコロナでお亡くなりになりました。

数々の心に残る作品、20時だよ全員集合や、毎年恒例のバカ殿での志村けんさんの笑顔が印象的でした。

こちら記事では、志村けんさん若い頃イケメンだった画像を、ご紹介させていただきます。

志村けんの若い頃:学生時代

志村けんさんは5人家族で3人兄弟の末っ子でした。

志村けんの小学生時代の画像

こちらの画像は志村けんさんの小学生時代です。

志村けんさんの父は教員をしており、厳格な性格で冗談が通じない人だったそうです。

そんな親の目を盗んではユニークなイタズラをしていました。

スイカの底を丸く開けて美味しいところだけ抜き取って食べて、抜き取った蓋はもどして分からないようにしていたりと、幼い頃から知恵があったようです。

小学校時代はひょうきん者

また、小学校時代は小さかったのですが、ひょうきん者でクラスメイトが志村けんさんを見て笑っていたそうです。

そんな志村けんさんは、人を笑わすことに関心が出て、お笑いに目覚めたともいいます。

志村けんの中学生時代の画像

こちらは志村けんさんの中学校時代の画像です。

中学校時代には、家の付近で父親がバイクの事故にあいます。

そのせいで、父は事故の後遺症の記憶障害なり体が不自由になってしまいます。

志村けんさんも、父親を母親と一緒にサポートされていますが、志村けんさんがいない時には父親は母親に乱暴したりと大変だったようです。

志村けんの高校時代の画像

高校時代はビートルズが好きで、仲間とギターを弾いたりと、大ファンだったそうです。

また、ビートルズの影響で髪型もマッシュームヘアにしていました。

髪型までマネをするくらいに、とっても好きだったことがわかりますね。

高校の青春時代はビートルズ一色だったようですね。

また、高校時代はサッカー部に入部していました。

1968年:志けんドリフターズの付き人を申し出る

志村けんさんは高校3年生の18歳の時に、アポなしでいかりや長介さんの自宅を訪れて付き人を申し出ています。

その当時は、雑誌の付録に芸能人の住所が載っていたそうです。

いかりや長介さんが外出していて、12時間も待っていたそうです。

「ドリフターズの付き人をさせてください」と申し出ます。

後日連絡をもらった結果は、「今すぐ準備してこい」と言われ、高校卒業を待たずして付き人になります。

志村けんドリフターズ下積時代の画像

ドリフターズの下積時代は、とても辛かったそうです。

弟子入りを許可してもらってからは、加藤茶さんの付き人になって1年余り頑張っていたのにもかかわらず逃走することも。

バーテンダーのアルバイトをしながらもザ・ドリフターズに戻りたい意志が強くなり、再び弟子入りを希望し、いかりや長介さんは「二度も弟子入りする奴は、よくよく好きなんだろう」と許してくれたそうです。

下積時代の給料

下積時代の給料は驚くほどに少なかったようです。

  • 下積時代:楽器運び・セッティング・着替え手伝い・食事の準備
  • 給料:当時サラリーマン月給3万→志村けんさんは月給5千円

19歳になり、寝ることもできない日々が続いたそうですが、「今に見てろ!」という決意がをしたそうです。

志村けん22歳でマックボンボンとしてデビュー

志村けんさんは22歳で井山淳さんと、お笑いコンビ「マックボンボン」としてデビューします。

とってもイケメンですよね。

名前は「志村健」でデビューします。

小柳ルミ子さん、天地真理さんの前座をしていました。

その後、観客にもうけてデビューから1年足らずでレギュラー番組をもてることになります。

1974年ドリフターズ加入

志村けんさんはドリフターズに加入することになります。

きっかけは、その当時の荒井注さんの脱退でした。

脱退をきっかけで、ドリフターズの新メンバーとして志村けんさんが選ばれました。

志村けんさんは、3ヶ月間は見習いのテスト期間で、テロップには「見習い」と書かれていました。

1976年~ドリフターズで人気が出てくる

3ヶ月の見習い期間を終えて正式にドリフターズになりましたが、人気があったわけではなかったのです。

加藤茶からの将棋の誘いから、歌(東村山~の)唄を歌った時、これを舞台で歌えとなり、ブレイクすることに。

志村けんさんは、子供達の間でも大流行になっていまいた。

ピカピカの一年生の流行ましたね。

ドリフ大爆笑でバカ殿様がスタートしている時代は、白塗りは薄目でしたね。

志村けんさんは、お茶の間をいつも笑わしてくれていましたね。

1986年カトちゃんけんちゃんごきげんテレビにも出演

8時だよ全員集合が終了にむけ、志村けんさんと加藤茶さんだけで番組をやってほしいと言われ、終了3ヶ月後の1986年1月からは「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」が放送されました。

当時、志村けんさんは、36歳頃(生年月日1950年2月20日)になります。

1986年7月12日放送の志村けんさん。

「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」は1986年に放送され、1992年に終了し6年間放送されました。

番組最終回の6年後は、志村けんさん42歳になりますね。

49歳で俳優としても活躍

1999年、当時49歳、高倉健さん主演の映画「鉄道員」で、志村けんさんは俳優として活躍します。

2000年~志村けん本出版

志村けんさんは、2000年50歳を境に数々の本を出版されています。

志村流・金・ビジネス・人生の成功哲学

30年近くにわたって、笑いの主役で活躍し続ける志村けんの、彼の生き残り哲学とは? 人生、お金、ビジネス、処世術・・・、超「非常識」コント芸人の、超「常識」哲学のススメ。

志村流・遊び術

テーマは「遊び」、すなわちオフタイムの楽しみ方。

2016年~志村どうぶつ園

志村けんさんは、2004年4月8日から放送の天才!志村どうぶつ園で相葉雅紀さんと一緒に和気あいあいとする姿を見せて頂いていました。

2016年9月14日にインスタグラムに投稿されている、志村けんさんです。

当時、66歳になります。

志村けんさんの生前最後の放送は、当時70歳の2020年3月5日収録された「志村動物園スペシャル」が最後だったそうです。

まとめ

志村けんさんの若い頃を時系列でご紹介させいてただきました。

とても、笑顔が素敵で、お茶の間を楽しませていただいた志村けんさん。

いつまでも、心の中に映像が刻まれていきますね。

最後までお読みいただきありがとうございます。