スポーツ

【戸塚優斗の家族構成】母親と父親はスノーボーダー!兄弟や両親の顔画像は?

スノーボードのハーフパイプで幼少期から多くの高成績をあげている戸塚優斗さん。

そんな、戸塚優斗さんを立派に育てあげている、ご両親(父親・母親)はどんな方なのでしょうか。

戸塚優斗さんの家族構成や兄弟はいるのかも調べてみました。

ご紹介させていただきます。

戸塚優斗の家族構成

戸塚優斗さんの家族構成はこちらです。

  • 父親
  • 母親
  • 優斗さん

戸塚優斗さんの家族構成は3人家族になり、兄弟はなく一人っ子です。

では、ご紹介させていただきます。

戸塚優斗の母親

出典:Twitter

戸塚優斗さんの母親のご紹介です。

戸塚優斗さんの母親はスノーボードをされていたようです。

その影響もあって、戸塚優斗さんも2歳からスノーボードをスタートしたんだとか。

真剣に、スノーボードを初めたのは、物心がついてきた3歳頃だそうです。

また、スノーボードを母親に連れていかれて、始めるきっかけになっています。

最初は立っていただけだったそうですね。

最初は無理やりスノーボード無理やりやらされ、2歳で興味はあまりなかったようです。

2歳の頃に母親に連れていかれて始めました。

無理やりやらされて

ただ、スノーボードを続けていくにつれて、面白さに気がついていったとコメントされいてました。

小学校3年生でハーフパイプに挑戦

ハーフパイプは小学3年生の時に当時の恩師の勧めで「RIDE ON!」出場を目指し、練習を始めて、のめり込んだそうです。

ハーフパイプを始めてすぐ、ヨネックスのジュニア育成プログラムに参加しています。

このプログラムでは、プロスノーボーダー青木亮さんなど優れた指導者に、丁寧にフィードバックしてもらい、技術を教えてもらっていました。

小3で初めて入ったハーフパイプでも世代の群を抜いていた。

ただ、指導するコーチの青木亮は、その才に早くから気を留めながらも案じていた。

その頃、泣きながら滑る戸塚少年の姿が母親らにたびたび目撃されている。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25738410W8A110C1US0000/

しかし、始めた頃は、泣きながら滑っていたようです。

戸塚優斗と母親のエピソード

戸塚優斗さんと母親のエピソードはこちらです。

  1. 泣きながら一緒にスノーボードの練習へ
  2. 優勝すると必ず祝福メールが届く
  3. 息子の成長を見守っている

それぞれ見ていきましょう。

泣きながら一緒にスノーボードの練習へ

戸塚優斗さんは小学3年生の時にハーフパイプをスタートし、ヨネックスのジュニア育成プログラムに参加して腕を磨いたようです。

こちらでプロスノーボーダー青木亮さんなど優れた指導者に習ったんだとか。

小3で初めて入ったハーフパイプでも世代の群を抜いていた。

ただ、指導するコーチの青木亮は、その才に早くから気を留めながらも案じていた。

その頃、泣きながら滑る戸塚少年の姿が母親らにたびたび目撃されている。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25738410W8A110C1US0000/

そしこちらは青木亮さんのコメントですが、泣きながらも母親と頑張る姿をよく見かけたんだとか。

優勝すると必ず祝福メールが届く

戸塚優斗さんが優勝すると必ず祝福メールが届くそうです。

戸塚優斗「優勝した」

母:シャンパン飲んじゃダメなんだよ~フッてまくんだよ!

とやり取りをされていたそうです。

明るい母親像が浮かびますね。

息子の成長を見守っている

幼少期の頃はスノーボードをするのを嫌がっていた戸塚優斗さん。

そんな戸塚優斗さんの姿勢が変わったのは平野歩夢さんとの出会いだったんだとか。

あっと言わせた昨秋のニュージーランドW杯遠征。

戸塚の母親にはもう一つうれしいことがあった。

同部屋になった平野と語り、ともに滑った一人息子が「初めて、というぐらい楽しかった」と高揚して帰ってきたのだ。

引用元:https://www.nikkei.com

その出来事は戸塚優斗さんの母親にとって、思い出に残る出来事だったそうです。

戸塚優斗の父親

出典:https://www.yonex.co.jp/snowboards/japan-team/totsuka/

戸塚優斗さんの父親もスノーボードが好きだったようです。

両親の影響で3歳と物心つく前からスノーボードを始め、小学3年生の時にHPの練習を始めてのめり込む。

引用元:https://www.yonex.co.jp/snowboards/japan-team/totsuka/

ただ、戸塚優斗さんはご自身の父親について語ることはほぼありません。

ただ、スノーボードを家族で楽しんでいることを考えると、アクティブな方なのかもしれませんね。

戸塚優斗の兄のような存在がいる

出典:https://www.instagram.com/p/Bq7BRTOlktt/

戸塚優斗さんには兄のような存在がいます。

  • 名前:柳原真央(やなぎはら まお)
  • 生年月日:1994年11月17(享年17歳)
  • 2011年HEAVENライダーとしてFAMILYへ

戸塚優斗さんは、柳原真央さんを兄のように慕っていたことをコメントされています。

しかし、柳原真央さんは2011年12月3日交通事故にて他界されています。

柳原真央さんについて戸塚優斗さんは

「滑り、技、生活面、礼儀とかを習いました。あいさつが小さいってずっと怒られていた。感謝もあるし、そういう気持ちを忘れずにやっていきたい」

引用元:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/

とも語っています。

そんな兄のような存在である柳原真央さんのためにも、スノーボードを頑張っているのかもしれませんね。

戸塚優斗には第2のお母さんという存在もいる

戸塚優斗さんの第2のお母さんといわれているコーチがいます。

名前:三井真紀

トッププロライダー

三井真紀さんはヨネックスのスノーボードのイベントで、キャンプのコーチという立場で、一緒に滑りながら教えるスタイルで指導されています。

当時は、怒られたりすると、すぐグスグスと泣いてしまう泣き虫の子供だったそうです。

三井真紀コーチに良く怒られていた

三井真紀さんは、良く怒っていたようで「人に対して挨拶をする」という事をしっかりと教えていました。

また、戸塚優斗さんの印象は、影にかくれてだんだん声が小さくなっていく子供だったそうです。

  • 野菜食べない
  • 挨拶の声が小さい

良く三井真紀さんに怒られていたそうです。

しかし、一緒にいるときは戸塚優斗さんはコーチを「お母さん~」って言いって親しんでいたそうです。

三井真紀さんも戸塚優斗さんに対する気持ちは

私の気持ちは第2のお母さんのつもり

と言っています。

戸塚優斗のプロフィール

  • 名前:戸塚優斗(とつか ゆうと)
  • 生年月日:2001年9月27日
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 身長:169㎝
  • 体重:60㎏
  • 競技:スノーボード・ハーフパイプ
  • スポンサー:ヨネックス
  • 好きな食べ物:回転寿司のえんがわ

まとめ

戸塚優斗さんの家族構成についてまとめてみました。

また、両親がスノーボードを幼少期に始めたさせたことがきっかけで、戸塚優斗さんのスノーボーダーとしての才能が開花されています。

今後も活躍が楽しみですね。